無料ブログはココログ

« 2018年6月定例会を開催しました | トップページ | 2018年7月13日、ボランティア参加しました »

2018年7月12日 (木)

洪水災害ボランティアに参加して

洪水災害ボランティアに参加して。

私は倉敷市真備町の南5㎞に住んでいます。

2018711日(水)に、倉敷市真備町に行って来ました。

以下、私の見た範囲、昨日の状況について記したものです。

皆様が参加される場合、場所の違い、日時の違いなどで

私の記述とは異なる事項もあると思います。ご参考まで。

 

1.ボランティアセンター

 倉敷市社会福祉協議会が主催、

 倉敷市のホームページに情報があります。

2.ボランティア参加資格は、13日までは倉敷市内居住者に限定、14日以降は制限なし。

3.集合場所は、中国職業能力開発大学校。倉敷市玉島長尾(山陽自動車道玉島IC間近)。

 私の参加した11日は9時受付開始との事だったので、

 私はマイカーで8時50分頃に行きました。

 すでに200名位集まっていました。

4.受付にある台帳に氏名、住所、電話番号を記入、待機します。

5.順番が来ると、10人位の班を編成、リーダーを選出、専用のバスに乗車。10時00分出発。

6.迂回路経由、渋滞で、目的地(真備町辻田)到着10時50分。

 13時集合の指示を受けて下車。

7.私は1名で参加したので、Mさんとチームを組んで行動した。

 Mさんは福岡県朝倉市の豪雨災害対応経験がある方で、

 非常にありがたい助言をいただいた。

8.冷蔵庫の移動(廃棄)。

 冷蔵庫は水に浮く為、予想外の場所に移動しており、

 家族のパワーだけではどうにもならない状態になっていた。

 私が尋ねた3軒ともボランティアに一番期待された事でした。

9.家具の状況。

 多くの家具は合板で作成されており、水没で剥離が進んでいます。

 食器棚の食器は満水状態になっており重く、棚板が大きく歪んでいます。

 木製の引出しは開かない状態です。バールで破壊して収納物を出しました。

 水没した電気製品の殆どは使用出来ない状態です。

 水没した畳は物凄い重さです。

 床下収納庫の蓋はどこかに流れて移動しています。

10.被災地の自宅トイレは断水のため使えません。

 仮設トイレは見かけませんでした。

 私が現地にいたのは2時間10分だけだったのと、

 暑さでトイレを使いたいとは思いませんでした。

11.帰宅後に思う反省点1。

 ボランティアの私は2時間10分の持ち時間で最大の成果を出すべく

 =休み無しで頑張った。

 被災者の方は多分休憩したかっただろう。

 ボランティアが頑張っている中で休憩することは出来なかっのではないか。

 休んでください、とか、一緒に少し休みましょう。と云えば良かった。

12.帰宅後に思う反省点2。

 自分の荷物はコンパクトに。

 被災地では空き巣被害がでているとの事。

 疑いを持たれない身繕いが望ましい。

 と云うことで、500ccペットボトル×2本だけの小さな入れ物、

 弁当、タオル、バール、金槌などを入れたザックの二本立てが良いと思いました。

以上

« 2018年6月定例会を開催しました | トップページ | 2018年7月13日、ボランティア参加しました »

報告会」カテゴリの記事

コメント

ブログでボランティア活動を拝見いたしました。私は玉島在住です。ボランティア活動に参加したいのですが、初心者なので鉄道つながりの方が一緒にいるのであれば心強いのですが。 14日に参加される予定が有れば参加したいのですが、鉄道模型に興味がありますし、お話を色々と伺いたいと思いますが。

hama様 書き込み有難う御座います。
 次回の公開運転会は、11月18日玉野すこやかセンターで行われる「たまの市電まつり」で岡山虹会のHO鉄道模型運転を行います。都合付けてぜひ見に来てください。
 5月はライフパーク倉敷、6月は水島愛あいサロンでも行いました。運転会の様子は、バックナンバーで確認出来ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洪水災害ボランティアに参加して:

« 2018年6月定例会を開催しました | トップページ | 2018年7月13日、ボランティア参加しました »