無料ブログはココログ

« 虹会会員個人所有レイアウト訪問記録 | トップページ | 2015年7月3日・見たまま報告 »

2015年6月19日 (金)

ロンビックイコライザー装着車を作成して

鉄道のレールは2本あり、大方平行ですが、多少のズレはあります。

鉄道模型のレールとなると、無視できないズレがあります。

鉄道模型の場合、走行に必要な電気をレール・車輪経由で送っているため、

車輪がレールのズレに追従できないと、電気が送られないことになります。

レールのズレに車輪を追従させるため、車輪を懸架装置で支えます。

鉄道模型の懸架装置で主なものはバネ懸架、イコライザー懸架があります。

イコラーザー懸架の内、主に2軸車で利用されるロンビック懸架装着車を

試作しましたので、ご報告します。

Mk150642
各車軸ごとに小さな台車を作成、

カプラー側の支え軸を基準に左右に振れます。

小さな台車の左右にある天秤(真鍮線)がイコライザーです。

自分側の台車の左右動を反転させて相手側の台車に伝えます。

また、動力軸の逆トルクを支えます。

Mk150643

2軸車の為、各軸の絶縁車輪に集電シューを設置、全軸集電とします。

« 虹会会員個人所有レイアウト訪問記録 | トップページ | 2015年7月3日・見たまま報告 »

報告会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571026/61765812

この記事へのトラックバック一覧です: ロンビックイコライザー装着車を作成して:

« 虹会会員個人所有レイアウト訪問記録 | トップページ | 2015年7月3日・見たまま報告 »