無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月12日 (水)

【報告】2012年・ダイヤ運転会

ダイヤ運転会(実施報告)

日時:201299()、行事(10時~17)、準備開始(9)、撤収完了(18)

主催:当会(岡山虹会)

来訪者:広島(4)、徳島(1)、岡山(1)

行事内容:

1)ダイヤ運転会

線路=単線、始発駅=6線、中間駅A2線、中間駅B3線、中間駅C2線、終着駅=6線。

列車は、特急、急行、臨時、普通、単行で構成されている。

定められたダイヤ(時刻表)に沿って運転する。

ダイヤは途中駅での交換、優等列車の追越し、始発/終着駅での機回しが設定されている。

運転は1名の列車指令と、5名の運転手兼ポイント操作掛が担当する。

車両故障、脱線事故、ポイントの切替ミス等でダイヤが大幅に乱れた時は、列車指令の出番となる。

2)箱ゲージコンテスト

奇抜なデザインや構造の車両を作成し走らせて楽しむ。

箱ゲージコンテストの由来は、鉄道友の会中国支部模型部会(通称:九官鳥)殿の昨年の行事で、駅弁の包装紙のクラフトモデルが好評だったので、コンテストの計画が持ち上がった。

今回は第1回と言う事で、どのような展開になるか見当もつかなかったが、8車両(編成)出場した。

動力付暖房車(通称:幽霊、パワーブースター)、プラレール車両の動力化、饅頭の箱利用、サンダーバード、NASA宇宙ロケット、海賊船、ペーパークラフトが出場、てんでバラバラと云う方向性が見えた。

3)勉強会1(デカール講習会)

須波地域鉄道部様を講師に、ノートPCを利用したデカール作成講習会が開催された。

4)勉強会2(脱線し易い車両の修復報告会)

最近発売されたプラスチック製EF電気機関車の内、極めて脱線しやすいとの噂がある車両について、須波地域鉄道部様、岡山気動車区長様より、その原因と修復方法について、模型を交えて説明があった。

2012年9月 8日 (土)

【再掲】ダイヤ運転会を開催します

明日(2012年9月9日)は、下記の要領でダイヤ運転会と、箱ゲージコンテストを開催します。

ダイヤ運転会は公開行事ですので、虹会会員以外の方でも参加できます。

-----------------------------------

ダイヤ運転会、箱ゲージコンテスト、開催要領

   場所:南方コミュニティハウス(昨年と同じ、岡山市北区南方1丁目3の15)

   日時:2012年9月9日(日)

     準備開始:9時

     箱ゲージコンテスト:午前中

     ダイヤ運転会:午後

     終了:17時

ダイヤ運転会

   目的:架空のダイヤ(時刻表)に沿って運転し、運転技術を習得する。

   線路:単線、交換可能な中間駅がある。

   ダイヤ:各駅停車、急行、特急などがあり、すれ違い、追越が発生する。

箱ゲージコンテスト

   例えば、駅弁の空き箱を利用して作成した模型車両の様な、

   簡単に作成されたもので、奇抜なデザインやアイデアが盛り込まれたもので、

   16.5mmケージ(下記注)の線路上を走る車両。

   車両限界は定めない。

   (注)16.5mmゲージに限定するものではないが、

      それ以外のゲージの線路は参加者で準備していただく必要があります。

2012年9月 1日 (土)

ウォームギヤ・お前もか!

「ブルータス・お前もか!」と言うのは、カエサルの有名な言葉です。

「ウォームギヤ・お前もか!」と言うのは先週の小生の言葉です。

モーター換装に忙しい地鉄ですが、旧型モーターは軸径2.4mmが多く、最近のモーターは軸径1.5mmか2.0mmが主流です。

そうなると、モーター交換の際にウォームギヤも必要になります。

と言うことで六甲模型に行った所、だるまやとエンドーしか無いとの事。

HOも、今やプラの完成品が主流、自作もMP。そうなると、インサイドギヤも不要、ウォームギヤも不要となります。

速攻で帰宅、在庫の蒸気機関車の動輪のウォームギヤを棚卸したのは言うまでもありません。

デカール Part-2

TMS(月刊誌・鉄道模型趣味)2012年9月号、60頁に、下藤直之氏作成の2000系フジサン特急の作品が掲載されています。

デカール多彩の作品で、63頁左下に、デカールはエーワン転写シール透明タイプ(品番51112)を利用した旨、記載されています。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »