無料ブログはココログ

« 【コマーシャル】0からはじめる鉄道模型 | トップページ | HOゲージのプラスチック製品 »

2012年7月15日 (日)

初心者の”ヤフーオークション”考察

この1週間、結構時間を割いて、ヤフーオークションの分析をしました。

分析対象は、勿論鉄道模型のHOに関係する部分だけです。

と言うことで、地鉄の独断と偏見に満ちた分析結果を記します。

1)出品ジャンルに偏りがある。

 戦前までの電気機関車、特に輸入機は殆ど出品されない。

 大正期以前の客車は殆ど出品されない。

 まれに出展された場合、そうとう高額で落札されているので、

 需要はあるが供給が少ないのでしょうね。

 と言うか、この辺りの趣味人はオークションを利用していないか?

2)出品者と購入者の目線の違い。

 出品者は新品定価と比較して高額で落札されそうなものを出品したい。

 -->例:プラ製だが少量しか発売されなかったもの

 -->例:KATOモハ32。

 購入者は過去発売されたが新品価格が高価で購入できなかったもの

 を購入したい。

 -->例:真鍮製蒸気機関車

 -->例:天賞堂C59。

要するに、出品者と購入者の思惑が違っていて、

お互いの死角を突いた買い物が上手いオークションではないか。

« 【コマーシャル】0からはじめる鉄道模型 | トップページ | HOゲージのプラスチック製品 »

報告会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571026/55202142

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者の”ヤフーオークション”考察:

« 【コマーシャル】0からはじめる鉄道模型 | トップページ | HOゲージのプラスチック製品 »