無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

夏向きの作業

連日猛暑続きですが、如何お過ごしでしょうか。

模型作りにはケガキ、半田付け、塗装などの作業がありますが、この暑さでは半田付けや塗装は大変厳しいものがあります。

と言うことで、地鉄@岡鉄局管内は半田付け工程の9700は一時中断、現在はオテン9020系のケガキ作業(PC・クラフトロボ入力)を行っています。

今日はこのオテン9020系の説明をします。

明治42年に鉄道国有法が施行され、山陽鉄道や九州鉄道が国有化されました。

車両の標準化をめざし、鉄道作業局標準(中型客車)が定められました。

オテン9020系はこの標準にのっとって作成された車両です。

しかし、九州鉄道が統合前にブリル社に発注していた或る列車と共通の台枠や台車(三軸)があって、オテン9020系の一部としてこれを利用した車両も作られました。

鉄道作業局標準とブリル社台枠の大きな違いはボルスダーの位置で、ブリル社のそれは比較的車体の内側にあります。

この時代の図面は手書きで、しかもスケールがフィート・インチなので、解読が大変です。

木造客車の改造は日常茶飯事だったらしく、荷物車の荷物扉の戸袋位置には窓が無いのが普通なのですが、窓があるものもあります。改造後の姿なのかも知れません。

オテン9020も展望車として活躍した期間は大変短かったらしく、短時間に荷物車に改造されたそうです。

2012年7月26日 (木)

【お礼】アクセスカウント20,000達成

アクセスカウント20,000を達成しました。

このブログを訪ねていただいた皆様にお礼申し上げます。

また、コメントの書込みをしていただいた方には、重ねてお礼申し上げます。

今後もご愛顧いただきたく、宜しくお願い申し上げます。

2012年7月21日 (土)

HOゲージのプラスチック製品

HOゲージのプラスチック製品は廉価なことが最大のメリットとしても、作りの観点でも素晴らしいものが沢山あります。

ヤフーオークションでは、プラスチック製品の発売予告を受けて、ブラス製品の価格が大幅に値下がりしているものもあります。

と言うことで、拙鉄が知っているプラスチック製品の発売予告をまとめてみました。

形式                メーカー             発売予定時期            情報源

EF13トツ    造形村       2013年         メーカーHP

C12       トラムウェイ                   メーカーHP

EF63      TOMIX       2012年8月      メーカーHP

DD16      トラムウェイ    発売済

EF70      トラムウェイ                   メーカーHP

EH10     天賞堂                       2チャンネル(真偽不明)

2012年7月15日 (日)

初心者の”ヤフーオークション”考察

この1週間、結構時間を割いて、ヤフーオークションの分析をしました。

分析対象は、勿論鉄道模型のHOに関係する部分だけです。

と言うことで、地鉄の独断と偏見に満ちた分析結果を記します。

1)出品ジャンルに偏りがある。

 戦前までの電気機関車、特に輸入機は殆ど出品されない。

 大正期以前の客車は殆ど出品されない。

 まれに出展された場合、そうとう高額で落札されているので、

 需要はあるが供給が少ないのでしょうね。

 と言うか、この辺りの趣味人はオークションを利用していないか?

2)出品者と購入者の目線の違い。

 出品者は新品定価と比較して高額で落札されそうなものを出品したい。

 -->例:プラ製だが少量しか発売されなかったもの

 -->例:KATOモハ32。

 購入者は過去発売されたが新品価格が高価で購入できなかったもの

 を購入したい。

 -->例:真鍮製蒸気機関車

 -->例:天賞堂C59。

要するに、出品者と購入者の思惑が違っていて、

お互いの死角を突いた買い物が上手いオークションではないか。

2012年7月14日 (土)

【コマーシャル】0からはじめる鉄道模型

Q:”0からはじめる鉄道模型”と聞いて、何を連想されますか?

回答案1:新幹線模型を作成する場合、0系からはじめるのが正しい。

回答案2:鉄道模型は0番ゲージからはじめるのが正しい。

回答案3:初心者向けの解説本の名前。

新紀元社から7月末頃に、初心者向けに、Nゲージを中心とした解説本

が発行されるとの事で、正解は回答案3です。

Q:なぜこのブログで紹介するのか?

A:地鉄@岡鉄局管内のレイアウトの写真が一部掲載されているらしい。

2012年7月 8日 (日)

Nゲージ・雑感

今日は虹会の定例会ですが、町内会の草取り行事とバッテング。

と言うことで、地鉄@岡鉄局管内は虹会を無断欠席。

とは言え、TMS投稿記事の反応が気になるところです。

1)と言うことで、楽しい草取りの後は倉敷美術館で開催されている院展に。

同人・小野田尚之氏が谷汲線の750を書かれた絵に感動。

谷汲線は510より750の方が私の好みにはピッタリでした。

小野田氏の絵は水鏡を手前に走る情景でした。

2)ビオス広場でNゲージ運転会を発見。

線形は小判型エンドレスで、10線位はありました。

走行車両はいろいろあったが、私の好みはWルーフ交じりの雑型客車でした。

運転手の年齢構成は、概ね虹会と類似(?)ですが、ちょい若世代の顏も見えました。

自作と思える車両は少なく、やはりNゲージでは自作は厳しいのでしょうか。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »