無料ブログはココログ

« ライフパーク倉敷運転会(最終日) | トップページ | 2012年・ダイヤ運転会、箱ゲージコンテスト開催要領 »

2012年6月10日 (日)

EF510 ストレステスト結果報告

今日(2012年6月10日)に、NRで、標題のストレステストを実施した。

1.テーマ

   KATO製EF510改造車の走行状況を確認する。

   岡山気動車区長(当会内ハンドルネーム)殿からのテスト依頼による。

2.テスト方法

  (1)線路への追従性確認。

    NRの両駅を側線通過に設定し走行させる。

  (2)牽引力テスト。

    重量級トレーラーとしてKTM製クハ165等、3両を牽引させる。

    厳しい勾配条件として、NR反時計回りに走行させる。

  (3)耐久テスト。

    上記(2)の状態で30分間連続走行させる。

3.結論

  6名の審査員で厳格なテストを実施した。

  カテゴリーB、オブザベーションとも0件であり、非常に優秀であった。

4.岡山気動車区長(ハンドルネーム)へのインタビュー。

  Q:EF510を購入した理由は。

  A:脱線し易いとの情報があり、改善見本を提供したくなった。

  Q:一番心配したことは。

  A:購入したままで脱線せずに走行した場合、購入目的が果たせなくなる。

   順調に脱線してくれた時は小躍りして喜んだ。

  Q:改造コスト、工数は。

  A:費用はカプラーをKDに変えた分のみ。

   工数は2人日。調査、改善方針の立案に工数が掛かった。

以上

 

« ライフパーク倉敷運転会(最終日) | トップページ | 2012年・ダイヤ運転会、箱ゲージコンテスト開催要領 »

報告会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571026/54926116

この記事へのトラックバック一覧です: EF510 ストレステスト結果報告:

« ライフパーク倉敷運転会(最終日) | トップページ | 2012年・ダイヤ運転会、箱ゲージコンテスト開催要領 »