無料ブログはココログ

« テレビ番組:C6120の復活ドキュメンタリー | トップページ | レイアウト作成に向けてのヒント »

2011年7月20日 (水)

鉄道模型の楽しみ方

今日はレイアウトの話です。

以下、地鉄@岡鉄局管内のレイアウト作成記録のご紹介(要するに自慢話し)です。

簡単に言うと、4年間、38万円掛かりました。

4年間集中して遊べて38万円ですから、廉価と言えるのではないでしょうか。

「案ずるより生むが易し。」です。

尚、費用38万円の内訳は以下です。

ポイント制御=4万円、パワーパック=6万円、電気配線=2万円、レール=5万円、レイアウト台枠=2万円、山=4万円、ストラクチャ=5万円、樹木・バラスト=3万円、ストラクチャー照明用電源=3万円、ストラクチャー照明=2万円、部屋の改造=2万円

尚、地鉄のレイアウトは概略以下です。

3.4m四方の屋根裏部屋にあり、12ユニットに分割して作成し搬入したもの。

本線複々線、1か所の駅の外側線だけ待避線がある。ヤード4線。

« テレビ番組:C6120の復活ドキュメンタリー | トップページ | レイアウト作成に向けてのヒント »

報告会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571026/52260863

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型の楽しみ方:

« テレビ番組:C6120の復活ドキュメンタリー | トップページ | レイアウト作成に向けてのヒント »