無料ブログはココログ

« モーター換装 | トップページ | 模型作成時の参考資料 »

2011年5月22日 (日)

鉄道模型の楽しみ方

鉄道模型の楽しみ方は種々あって、どれも楽しく、比較して優劣を論議するものではないと思います。

今日は地鉄@岡鉄局管内の楽しみ方の紹介です。

地鉄@岡鉄局管内には30年間以上の不良在庫としてスクラッチビルドの8900×2台、9900×2台があります。

先日のC53のモーターの換装が契機となり、これらの作成エンジンが再点火しました。

8900はテンダーモーター(DH13)で作成していましたが、コアレスモーターに変更。

9900はカツミのDH15で作成中でしたが、これもコアレスモーターに変更。

9900の動輪とギヤボックスは宮沢製でしたが、ウォームギヤの軸がサイギャストのまま、と云う事で、アダチのギヤボックスに換装しました。

Nj110561 Nj110562

« モーター換装 | トップページ | 模型作成時の参考資料 »

報告会」カテゴリの記事

コメント

わたしのHO参加のきっかけが珊瑚模型の96 86 \9600でした、指を焼きながら半田付けをした懐かしい思い出が 86 96 にあります、ドイツっぽい機関車、 個人的には C52の アメリカンがすきですが 86の姿も好きでした。
何より テンダーの3軸と言うのが謙虚で好きです。  廃車予定があれば当鉄道に転属させてください、

地鉄@岡鉄局管内様に作業を依頼したいのですが・・・。
当鉄道会社に在籍の宮沢製2900(アメリカンB6)が第一種休車状態になっています。
このカマのウオームホイールが欠けているため、良品の動輪に交換、又は軸抜きを行い、
ウオームホイールの交換又は再度の位相合わせが必要なのですが、貴社工場でその作業は可能でしょうか?。

内神保線区長様、書き込みありがとうございました。
珊瑚から8620と9600が9600円で発売されたとの事で、TMS(月刊誌・鉄道模型趣味)を繰ってみると、1980年に記録がありました。当時でも脅威的な低価格でしたよね。但し、モーターは別購入だったとの記憶があります。
C52ですが、アメリカンロコモーティブ(ALCO)製なので、8200時代の原型は素敵ですね。ちなみに、小生が作成中の8900もALCO製です。
しかし、8200も8900もテンダーは日本製なので、違和感があります。
次の話題ですが、ドイツ型の特徴と言えば、前に突き出したボイラーと大口径のスポーク動輪ですよね。
地鉄はドイツ型も好きで、拙鉄には8800が3両配属されています。但し、8620は現在の所配属なしです。

かもめ編集長様、書き込みありがとうございました。
結論から先に申し上げますと、地鉄では対応出来ません。
今回9900のギヤボックスを交換したのですが、ウォームギヤの口径はOKだったのですが、ギヤの厚みが厚く、ギヤボックスの内側を削る必要がありました。単純にはいきませんでした。
又、動輪の交換も極めて厳しく、現在発売されているものは1400のボックス、1520のボックス、1750のボックス位です。拙鉄もスクラッチビルドと保守用に何種類かの動輪の在庫がありますが、提供出来る程の量はありません。

地鉄@岡鉄局管内様
2900用(?)のスポーク動輪なら予備があります。
次回の例会にとりあえず持って行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571026/51742109

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型の楽しみ方:

« モーター換装 | トップページ | 模型作成時の参考資料 »