無料ブログはココログ

« 車両の室内灯としてのLEDの利用 | トップページ | ライフパーク運転会・敷設状況 »

2011年4月23日 (土)

電源とモーター

車両の最低稼働電圧とその時の電流について、地鉄の配属車両を調査してみました。

モーター機種名   メーカー名     電圧   電流

DH15         カツミ       6.0   1.0

DH13         カツミ       6.0   0.5

DH10         カツミ       6.0   0.5

DV18         カツミ       4.5   0.5

EN22         エンドー      6.0   0.3

パワートラック2台  花園        6.0   0.3

EN22はDH15が搭載されていたものの置き換えです。

低速が利くし、電流がDH15の3割と云うのもメリットです。

地鉄長尾線はDH15・3重連を想定して3Aの電源を装備しています。

« 車両の室内灯としてのLEDの利用 | トップページ | ライフパーク運転会・敷設状況 »

報告会」カテゴリの記事

コメント

半田付けする際のパーツをおく いわゆる台は何ですか、木ですか?金属ですか。
火災に対する不安は無いですか、以上個人的な質問、

半田鏝の台について。

通常は15mm厚のベニヤ板で、これはレイアウトの基盤の残り材です。
ドリル穴あけ時の台にも利用して、ボロボロになったら交換します。
直角が必要な場合などは、治具代わりに2×4の無垢材に桧の角材を貼り付けたものを作成し利用しています。
室内灯の基板の配線などは、魚の料理をする際にまな板の上に敷く板(百金で購入)を利用します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571026/51474704

この記事へのトラックバック一覧です: 電源とモーター:

« 車両の室内灯としてのLEDの利用 | トップページ | ライフパーク運転会・敷設状況 »