無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月19日 (土)

模型向けの本物写真

2月13日に虹会の定例会に参加した帰り道、岡電・岡山駅前電停に”くろ”が停車しているのを発見。

模型で作るとなると、塗り分けが大変そうです。

その勢いで、岡山気動車区に。実に都合のよい場所に歩道橋があります。

寒い中、職員の方が手作業で洗車されていました。このような地道な作業の上で列車が運行されていることに感謝です。

Nj110217 Nj110218

2011年2月13日 (日)

虹会・2011年2月定例会を開催しました

2011年2月13日(日)10時~12時に、2月度定例会を開催しました。

主な議題は以下でした。

1)5月に開催予定のライフパーク運転会の件。

 開催日程、走らせる車両について、説明がありました。

  -->次月の定例会で具体的に決めるとの結論になりました。

2)ブログの機能説明、運営上の注意点について説明がありました。

 ブログ用コンテンツの提供について。

 -->かもめ編集長から、「中央線を管轄区域に持つ虹会会員氏が撮影した写真を預かっている。このブログにも利用できるのではないか。」との話があった。

 -->写真のブログでの利用について、かもめ編集長が撮影者に承諾を受け、OKをいただいた上で利用することとした。

3)かもめ編集長が作成された車両(旧国)の試運転がありました。

 -->写真はこの試運転の様子です。

 -->パワートラックとインサドギアの性能の違いについて、検討しました。

Nj110213 Nj110214

2011年2月10日 (木)

連絡線(Link)を増築しました

連絡線(Link)として下記の4線を増築しました。

 宇田賢吉様が開設されているブログ「870000㎞の軌跡」

 玉野市電保存会様が開設されているホームページ

 よっちゃん様が開設されているブログ「よっちゃん。のがらくた箱」

 岡山模型店DAN様が開設されているホームページ

2011年2月 8日 (火)

【お礼】アクセスカウント1,000達成

2011年1月23日に、この(岡山虹会の)ブログを立ち上げて、今日で17日経過しました。

今日アクセスカウントが1,000を突破しました。このブログを訪ねていただいた皆様に感謝申しあげます。

また、コメントを書いていただいた皆様には厚くお礼申しあげます。

未熟な岡山虹会のブログですが、今後ともご支援の程、宜しくお願い致します。

2010年 ライフパーク運転会

岡山虹会のBIGな行事に、ライプパーク(倉敷市の施設)での模型運転があります。

2010年(昨年)は宇野線開通100周年と云う事で、虹会の出展もこれに合わせた車両を選択しました。

多くの見学者に恵まれ、この中から将来の虹会の会員が誕生してくれるのではないかとの期待を持ちました。Nj100505

2011年2月 6日 (日)

美しいもの

地鉄@岡鉄局管内は、昨年(2010.8.20)開催された国際鉄道模型コンベンションを見学して来ました。

メーカーの展示即売会と個人やグループの出展しているレイアウトを拝見することが出来ました。

感動したのは架線集電と制御機器でした。

写真は、早稲田大学工学部教職員様が出展されていたレイアウトの制御機器です。

走行の確実さと、制御機器の美しさは流石でした。Nj100820

【虹会】内部連絡

ブログ編集部より、内部連絡。

1.ブログ用コンテンツ提供のお願い。

  特に、会員紹介のコンテンツを提供願います。

  記事+写真を編集担当”地鉄@岡鉄局管内”までメール願います。

  ブログへの書き込みは編集部で行います。

2.ブログ用ペンネームを決めて下さい。

  会員相互では個人が特定できるペンネームにして下さい。

  例として、九官鳥様のブログを参照願います。

3.コメントの書き込みをお願いします。

  書き込みは上記2.のペンネームでお願いします。

2010年 ダイヤ運転会

2010年8月8日にダイヤ運転会を開催しました。

先ずはダイヤ運転会の意味から。

列車の運転時刻をグラフ化すべく、縦軸を駅、横軸を時刻で表現すると上り列車が右上がりの斜線、下り列車が右下がりの斜線になって、斜線がクロスして菱形になって、この菱形がダイヤに似ていることから、運転時刻グラフの事をダイヤと言います。

ダイヤ運転会は、定めた運転時刻通りに模型を運転することを楽しむものです。

単線、途中に交換駅があって、特急、急行、各駅停車が複雑に走ります。

九官鳥の会員様複数名も、車両持参で参加していただきました。Nj100808

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »