無料ブログはココログ

2019年5月 5日 (日)

ライフパーク倉敷で模型の運転展示をしました

昨日(2019年5月4日)に引き続き、今日(2019年5月5日)も、

HOゲージ鉄道模型の運転展示をしました。

今日は昨日同様、多くの小学生、幼稚園児、そのご家族とともに、

コアな鉄道マニヤ氏のご来訪もいただきました。

Nj190544

Nj190543

今回の走行展示テーマは昭和から平成時代を走った列車と言う事で、30年前の再現です。

Nj190542

地上線内側線を走るのは比較的新しい編成として、

ゆったりやくも、新マリンライナー、EF200牽引コンテナ、スーパーいなば、サンライズやくもです。

Nj190541

地上線外側線を走るのは30年前の再現で、

キハ28/58、モハ581系、EF210牽引コンテナ、キハ181系、153系鷲羽です。

Nj190545

今日(2019年5月5日)の運転展示は15時30分で終了、

その後、次回の運転展示(2019年6月1日、水島愛あいプラザ)の準備をしました。

2019年5月 4日 (土)

ライフパーク運転展示初日報告

今日(2019年5月4日)、

ライフパーク倉敷でHOゲージ模型の運転展示をしました。

Nj190534

今 日は五月晴れの好天で、朝から多くのお客様に恵まれました。

Nj190531

今年の展示テーマは昭和から平成を走った列車と言う事で、30年前の再現です。

小学生の両親よりも祖父母から好評を頂きました。

新幹線では0系、100系、300系は現在は走っていません。

在来線でもレサ10000系、キハ28/58系、キハ181系、旧マリンライナーも過去の車両です。

Nj190533

倉敷科学センター主催と言う事で、模型の作成方法の展示もしています。

今年はクラフトロボ、糸鋸、自作真鍮製車両を中心に展示しています。

Nj190532

明日(2019年5月5日)は、9時00分始発で運転展示します。

2019年5月 3日 (金)

ライフパーク運転展示の準備をしました

倉敷市・科学センター主催で、子どもの日スペシャルと云う行事が実施されます。

岡山虹会は、協賛団体として、下記の要領で鉄道模型の運転展示をします。

時:2019年5月4日、9時30分~16時30分

  2019年5月5日、9時00分~15時30分

於:ライフパーク倉敷

テーマ:昭和から平成を走った列車

Nj190521

写真左(切妻屋根)の建物は、彗星発見で有名な本田氏が使用されていた天体観測所を移築したものです。

中央の丸い建物は、科学センターのプラネタリューム放映施設です。

プラネタリュームは最新機器に交換されており、明日明後日は混雑が危惧されています。

Nj190522

カメラマン以外は全員参加で準備作業中です。

Nj190523

明日(2019年5月4日)は9時30分から運転展示開始と言う事で、

ダイヤ(時刻表)の9時30分の状態に列車を配置します。

2019年4月20日 (土)

吉備路文学館で模型阿房列車を走らせました

今日(2019年4月20日)、吉備路文学館で模型阿房列車を走らせました。

Nj190443

吉備路文学館の中庭及び駐車場のウコン桜は満開。

Nj190442

満開のウコン桜を前景に、運転会の会場を望んだ所です。

Nj190441

運転会の会場から上記写真のウコン桜を望んだ所です。

今日は快晴、無風の上天気。

満開のウコン桜を眺めながら琴の生演奏を聴きながら、

模型の運転をすると言う最高の贅沢でした。

2019年4月14日 (日)

2019年4月度定例会議事録

2019年4月度定例会議事録

時:2019年4月14日(日)、10時30分~11時00分

於:NR

出席者:会長を含む8名

議題:

 ライフパ-ク運転会

  前日準備:5月3日、9時30分現地集合

    食事は会場の食堂を利用する。個人持参不要。

  第1日目:5月4日、9時30分から運転開始

    前日準備で、30分スタートを想定した車両配置が必要。

  第2日目:5月5日、9時00分から運転開始

    運転終了後撤収、水島愛あいサロンに資材を搬入する。

 水島愛あいサロン運転会

  前日準備:5月31日、10時00分現地集合

    線路等は5月5日に搬入済

 吉備路文学館模型阿房列車運転展示

  2月10日、3月17日、4月7日に実施した。(報告)

   特筆するトラブルは無かった。

   2月14日にNHK-TV”もぎたて”で放送された。

  4月20日、5月26日に実施予定。(計画)

   5月26日は最終日につき、撤収する。

Nj190423

ライフパーク運転会用資材積み込み

 今日、4台の車に、資材(線路、山、橋、パワーパック等)を積み込んだ。

 会員の自宅に持ち帰り、運転会当日に各車で持ち込む。

Nj190422

2019年4月 7日 (日)

吉備路文学館で模型阿房列車を走らせました

今日(2019年4月7日)、

吉備路文学館(岡山市北区南方)で、

模型阿房列車を走らせました。

Nj190411

今日は内田百閒の講演会があり、多くのお客様に来ていただきました。

模型阿房列車として、以下を走らせました。

EF5861(お召列車指定機関車)牽引、44系ブドー2号色編成

EF58青大将色牽引、44系青大将色編成

9600型蒸気機関車牽引、オハ31系ブドー1号色編成

Nj190412

写真は吉備路文学館の庭に植えられたウコン桜です。

5花以上開花していることを確認、副館長様の開花宣言がありました。

 

2019年3月17日 (日)

吉備路文学館で模型阿房列車を走らせました

吉備路文学館で内田百閒生誕130年特別展が開催されています。

今日(2019年3月17日)、模型阿房列車第2回目の運転会を開催しました。

Nj190351
吉備路文学館は午前10時開館と言う事で、

午前中は多くの鉄道模型趣味の方のご来訪を頂きました。

Nj190352
13時30分から15時の間、2階で朗読会が開催されました。

写真は朗読会が終了した直後に撮影したものです。

多くの方のご来訪をいただきました。ありがとうございました。

次回の運転会は4月7日に開催します。

2019年3月11日 (月)

2019年3月定例会議事録

2019年3月定例会議事録

於:NRレイアウトルーム

時:2019年3月10日、10時00分~12時10分

出席者:会長を含む6名

議題1:ライフパーク運転展示

 展示テーマ:昭和から平成の頃に走った列車

  走行列車を特定した-->S氏所有の車両はN氏がS氏に確認する

 資材の運搬方法:4月定例会に車で参加、各自宅に持ち帰る

  前日準備の際、各自が持ち帰った資材を搬入する

  ライフパーク展示最終日に上記と同じ手順で水島愛あいサロンに搬入

  水島愛あいサロンの展示が終わったあと各自宅に持ち帰り

  6月定例会に持参、NRに保管する

 前日準備は5月3日9時30分にライフパーク集合

  資材はすでに各自が持ち帰っているので、NRには集合しない

  弁当は各自持参

議題2:水島愛あいサロン運転展示

  前日準備は5月31日(金)10時00分現地集合

  搬入済の資材を保管場所から展示場所に移動

議題3:吉備路文学館運転展示

  3月17日は9時に集合、線路敷設、試運転、10時から運転展示開始

報告:吉備路文学館での模型展示について

  山陽新聞から取材を受けていたが、

  3月1日の夕刊に記事が掲載された

  山陽新聞デジタルニュースにも掲載されている

  https://www.sanyonews.jp/article/875161

追記

 定例会終了後会員作品の運転会を実施した

  主なものは165系、EF62、EF62

Nj190311

ONIビジョンケーブルテレビから取材を受けた

 内田百閒のテーマで10分程度に編集、模型の部分は1分程度

 3月14日にテレビ放送される

Nj190312
定例会の帰途で、観音寺行きを見送った

 今月16日のダイヤ改正で、普通列車が瀬戸大橋を渡る事が無くなる

 

 

 

2019年2月14日 (木)

内田百閒展がNHKで紹介されました

吉備路文学館で内田百閒特別展が開催されています。

NHK岡山放送局製作の”もぎたて”と言うテレビ番組で、

今日(2019年2月14日(木))18時16分から、

内田百閒特別展の紹介番組が生放送されました。

岡山虹会は内田百閒の代表作”阿房列車”にちなんで、

模型特急”はと”を再現し走行展示しました。

Nj190221

番組終了で緊張から解放された時の記念写真です。

2019年2月10日 (日)

吉備路文学館で阿房列車を運転展示しました

吉備路文学館(岡山市南方=岡山駅から線路沿い北東に1km)で、

内田百閒生誕130年記念特別展が今日開催されました。

内田百閒の代表作に阿房列車があります。

岡山虹会は協賛団体として、模型阿房列車を走らせます。

Nj190211
吉備路文学館の入り口です。

虹会は、写真の建物の一番大きな窓のある一番立派な部屋で展示させていただいています。

サツキの刈込の内側の部分から建物の右側に立派な庭があります。

さらに、窓の右手の木は桜で、花が咲くと素晴らしい景色になるとの事です。

Nj190212
阿房列車シリーズの中でも特急阿房列車が有名で、

百閒先生が旅行された当時(昭和25年)は浜松電化と言うことで、

EF57+スハ44系(ブドー2号)7連で”特急はと”を演出。

九州阿房列車の時は東海道線全線電化後を想定、

青大将色のEF58+スハ44系7連で”特急はと”を演出。

また、雷九州阿房列車の豊肥本線(熊本~大分)は、

9600型蒸気機関車+オハ31(モニター窓付き客車)3連で演出しました。

Nj190213

運転展示は吉備路文学館様のイベントがある日に限定しますが、

それ以外の日は静態展示をします。

写真は虹会の上席解説委員が解説中の図です。
追伸

NHKテレビの夕方6時10分から”もぎたて”と言う番組が放送されています。

2019年2月14日(木)に吉備路文学館に取材に来られるそうです。

模型阿房列車の部分は1分以下かもしれませんが、録画設定をお願いします。
追伸終わり

«TMSにモデルフェスティバルの記事が掲載されました