無料ブログはココログ

2019年7月18日 (木)

運転体験用コントローラー作成記

岡山虹会も公開運転会の際、

見学者に運転体験を提供しようと言う計画が持ち上がりました。

運転体験では実績のある徳島模型鉄道の会様に状況をお聞きした処、

年少者はコントローラーのOnかOffだけの場合が大部分との事です。

と言うことで、徳島模型鉄道の会様がモノレールの体験運転で

使用されていたコントローラーの3Dコピーの作成を開始しました。

Nj190731

先ずはコントロールノブから作成開始です。

写真では見えにくいですが、ストッパーは2mm厚のアルミ板で作成、

コントロールを反映するスイッチは300v、10A定格を使用します。

2019年7月17日 (水)

公開運転会用線路修理報告

岡山虹会は、公開運転会を、

ライフパーク倉敷、水島愛あいサロン、玉野すこやかセンターで実施しています。

その時に使用するレイアウト(線路)は作成後50年近く経過したもので、

経年劣化が原因のトラブルが続出。

修理の緊急度が高い箇所として、

地上線内線ヤードへの分岐個所、地上線外側ヤードへの分岐個所が指定されました。

1.要求事項

 車両が物理的に(脱線せずに)走る。

 車両が電気的に(遅い速度でも)走る。

 ポイント(線路の分岐構造)が指示通りに可動する。

2.問題点と改善方法

Nj190722

写真内上部は内側線のヤードへの分岐個所です。

何故か直線側のゲージが違っていました。

-->直線側の線路を新品に交換しました。

写真内下部は内側線ヤード分岐ユニットに接続する曲線ユニットです。

内側線の接続がスムーズではありませんでした。

曲線を図面より過ぎた状態で作成、接続すれば図面通りになります。

Nj190721

写真内上側は、外側ヤードへの分岐個所です。

分岐ユニットとヤードユニット間の接続線との接続がスムーズではありません。

1mm厚の真鍮板でガイドを作成。分岐ユニット側の線路を強固に固定。

写真下側は内側線ヤードへの分岐ユニットの分岐の反対側です。

右側の曲線ユニットとの接続箇所が経年劣化でS字カーブに変形。

ジョイナーに真鍮板を半田付け、これを犬釘で基盤に固定。

<<作動試験報告>>

ポイントマシーンの切替えがスムーズでない所がありました。

 調整、給油の結果、改善しました。

車両の走行は線路の影響を受けやすい2軸路面電車でテスト。概ねスムーズでした。

 集電状況を調査、低速走行は順調でした。

 高速走行は概ね順調でした。

 しかし、外線ヤード分岐個所のダブルスリップ渡りでは時々脱線。

以上

2019年7月15日 (月)

2019年7月定例会議事録

時:2019年7月14日、10時00分~12時15分

於:NRレイアウトルーム(岡山電気軌道浜野入り口バス停最寄り)

出席者:5名

議題1:虹会レイアウトの不具合箇所の特定

 2019年5月12日に配布された”不具合箇所”資料記載事項を再確認した。

 不具合症状の特定。原因。対策実施の有無。

 地上線内線ヤードへの分岐ユニット、外線ヤード分岐ユニットは修理する事とし、

 U氏が持ち帰った。

議題2:友好団運転会見学報告

 アスタムランド徳島 子ども科学館で実施された運転会、

 鳴門ドイツ館で実施された運転会について報告があった。

議題3:見学者の体験運転実施について

 実施の可否について検討、玉野市電祭りで試験的に実施する。

 Y氏レイアウトは安定走行が可能なので、それを利用する。Y氏承諾。

 コントローラーについて、子どもはOnかOffだけ=速度制御はしない。

 アスタムランド徳島の運転会ではOn/Offだけできるコントローラーを準備していた。

 間に合えばこの手のコントローラーを作成、提供する。

連絡事項1:8月定例会は予定通り実施する。

連絡事項2:虹会会計より会員各位宛の報告があった。

追伸

Nj190711

虹会レイアウト修理状況・中間報告

1)ユニットの端のレールを基盤に完全固定。

 接続用のジョイナーの奥に固定用ジョイナーを設置。

 固定用ジョイナーに1.0厚真鍮板を半田付け。

 真鍮板を犬釘で基盤に固定。

2)外側線ヤード分岐ユニットと接続線の連結個所に

 1.0厚真鍮板で作成したガイドを取り付けた。

3)内側線ヤード分岐ユニットの、

 外側線から内側線渡りポイントの通電不良について、

 ポイントマシーン付属スイッチを研磨、調整。

以上

 

2019年6月12日 (水)

2019.6.9 定例会を開催しました

時:2019年6月9日

於:NRレイアウトルーム(岡山電気軌道浜野バス停最寄り)

出席者:会長を含む7名

議題:ライフパーク運転展示反省会

 発生した問題点の状況、原因を確認した。

 地上線を仮組み立てし、問題個所を特定した。

Nj190611

地上線内線のヤード分岐ユニットが最大の問題個所。

Mk190612_1

写真左側ユニットの本来直線の個所がS字カーブになっている。

曲線ユニットとの接続箇所の内線側に3mm近いギャップがある。

改造案:外線と内線の渡りポイントを撤去。直線を再敷設。

地上線の全ユニットの配置位置を特定、接続相手を特定する。

考慮要:玉野市電祭りでこのユニットの渡りポイントを使う。

 対応策:玉野市電祭りは外側線用の分岐ユニットを使う。

    この場合、反時計回りでヤード進入する(昨年とは逆)設置。

以上

 

2019年6月 4日 (火)

徳島模型鉄道の会様運転会に参加しました

2019年5月25日(土)、26日(日)に、

徳島県板野町のアスタムランド内にある徳島県こども科学館で、

徳島模型鉄道の会様の鉄道模型運転会が実施されました。

岡山虹会から2名が25日に訪問させていただきました。

Mk190550

運転体験があって、大好評でした。

HOのレイアウトは複々線で、4線全てが体験運転用に開放されていました。

体験運転用のコントローラも会員自作の立派なものが準備されていました。

Mk190551

屋外では127㎜ゲージの運転がされていました。

最後尾に運転手が乗車、その前が動力車です。

運転手が最後尾に乗車しているのは常に安全監視できていると言うことで、

この手の運転では最善と感じました。

線路は常設なのか極めて状態が良く、

推進運転のリスクは全く感じませんでした。

Mk190552

大レイアウトの中にHOの小さなレイアウトが展示されていました。

伊予鉄見立て?の車両が展示されています。良い雰囲気です。

Mk190553

内側に入らせていただくと、物凄い拘りの車両がありました。

土佐電鉄、伊予鉄、?たぶん岡電など。

外観も凄いがその動力がまた凄い。

Mk190554

持参の車両を入線させていただいて記念撮影。

写真はまるで廃車体置き場の体ですが、10周位は周回しましたので念のため。

Mk190555

極めはこれです。と言うか、これが見たくて徳島訪問しました。

懸架式モノレールと跨座式モノレールです。

作者は前日の東京出張のお疲れがあったにも係わらず、

丁寧な説明をしていただきました。

一番凄いのはこれを作ろうと考えられた所でしょうが、

車両も線路もアイデアの塊で、それを実現する技術も素晴らしい。

Mk190556

2019年5月 5日 (日)

ライフパーク倉敷で模型の運転展示をしました

昨日(2019年5月4日)に引き続き、今日(2019年5月5日)も、

HOゲージ鉄道模型の運転展示をしました。

今日は昨日同様、多くの小学生、幼稚園児、そのご家族とともに、

コアな鉄道マニヤ氏のご来訪もいただきました。

Nj190544

Nj190543

今回の走行展示テーマは昭和から平成時代を走った列車と言う事で、30年前の再現です。

Nj190542

地上線内側線を走るのは比較的新しい編成として、

ゆったりやくも、新マリンライナー、EF200牽引コンテナ、スーパーいなば、サンライズやくもです。

Nj190541

地上線外側線を走るのは30年前の再現で、

キハ28/58、モハ581系、EF210牽引コンテナ、キハ181系、153系鷲羽です。

Nj190545

今日(2019年5月5日)の運転展示は15時30分で終了、

その後、次回の運転展示(2019年6月1日、水島愛あいプラザ)の準備をしました。

2019年5月 4日 (土)

ライフパーク運転展示初日報告

今日(2019年5月4日)、

ライフパーク倉敷でHOゲージ模型の運転展示をしました。

Nj190534

今 日は五月晴れの好天で、朝から多くのお客様に恵まれました。

Nj190531

今年の展示テーマは昭和から平成を走った列車と言う事で、30年前の再現です。

小学生の両親よりも祖父母から好評を頂きました。

新幹線では0系、100系、300系は現在は走っていません。

在来線でもレサ10000系、キハ28/58系、キハ181系、旧マリンライナーも過去の車両です。

Nj190533

倉敷科学センター主催と言う事で、模型の作成方法の展示もしています。

今年はクラフトロボ、糸鋸、自作真鍮製車両を中心に展示しています。

Nj190532

明日(2019年5月5日)は、9時00分始発で運転展示します。

2019年5月 3日 (金)

ライフパーク運転展示の準備をしました

倉敷市・科学センター主催で、子どもの日スペシャルと云う行事が実施されます。

岡山虹会は、協賛団体として、下記の要領で鉄道模型の運転展示をします。

時:2019年5月4日、9時30分~16時30分

  2019年5月5日、9時00分~15時30分

於:ライフパーク倉敷

テーマ:昭和から平成を走った列車

Nj190521

写真左(切妻屋根)の建物は、彗星発見で有名な本田氏が使用されていた天体観測所を移築したものです。

中央の丸い建物は、科学センターのプラネタリューム放映施設です。

プラネタリュームは最新機器に交換されており、明日明後日は混雑が危惧されています。

Nj190522

カメラマン以外は全員参加で準備作業中です。

Nj190523

明日(2019年5月4日)は9時30分から運転展示開始と言う事で、

ダイヤ(時刻表)の9時30分の状態に列車を配置します。

2019年4月20日 (土)

吉備路文学館で模型阿房列車を走らせました

今日(2019年4月20日)、吉備路文学館で模型阿房列車を走らせました。

Nj190443

吉備路文学館の中庭及び駐車場のウコン桜は満開。

Nj190442

満開のウコン桜を前景に、運転会の会場を望んだ所です。

Nj190441

運転会の会場から上記写真のウコン桜を望んだ所です。

今日は快晴、無風の上天気。

満開のウコン桜を眺めながら琴の生演奏を聴きながら、

模型の運転をすると言う最高の贅沢でした。

2019年4月14日 (日)

2019年4月度定例会議事録

2019年4月度定例会議事録

時:2019年4月14日(日)、10時30分~11時00分

於:NR

出席者:会長を含む8名

議題:

 ライフパ-ク運転会

  前日準備:5月3日、9時30分現地集合

    食事は会場の食堂を利用する。個人持参不要。

  第1日目:5月4日、9時30分から運転開始

    前日準備で、30分スタートを想定した車両配置が必要。

  第2日目:5月5日、9時00分から運転開始

    運転終了後撤収、水島愛あいサロンに資材を搬入する。

 水島愛あいサロン運転会

  前日準備:5月31日、10時00分現地集合

    線路等は5月5日に搬入済

 吉備路文学館模型阿房列車運転展示

  2月10日、3月17日、4月7日に実施した。(報告)

   特筆するトラブルは無かった。

   2月14日にNHK-TV”もぎたて”で放送された。

  4月20日、5月26日に実施予定。(計画)

   5月26日は最終日につき、撤収する。

Nj190423

ライフパーク運転会用資材積み込み

 今日、4台の車に、資材(線路、山、橋、パワーパック等)を積み込んだ。

 会員の自宅に持ち帰り、運転会当日に各車で持ち込む。

Nj190422

«吉備路文学館で模型阿房列車を走らせました